青春時代の清算を。

誰かとの出会いは、いつも書きかけのままで続きを探してる

運命か、偶然か

4日前の記事。
痴情のもつれで絶縁になってしまった親友との、思い出話を書いた。

 

bananag.hateblo.jp

 今日、地元ですれ違ったんだ。
何年ぶりだろう?きっと10年は経っている。

私は声をかけることができず、モヤモヤとしながら夜を迎えた。

声をかけるべきだったのか、これでよかったのか。
10年の月日は、二人の問題を薄めてくれたけれど
二人の絆も一緒に薄めてしまったようだ。

今更なんて声をかければいい?
自分勝手に縁を切っておきながら、また自分勝手に相手を混乱させてしまうなんて都合が良すぎる。

彼女は幸せそうに笑っていた。


私はそれだけでいいやと思ったんだ。



まさか、このタイミングで会うなんて。
言霊だとか、虫の知らせだとか、そんな迷信じみた事は信じていなかったけど、今日のことは衝撃的で、そんな言葉も借りてしまいたくなるほどだった。

運命か、偶然か。
いつかわかるのか、これが最後なのか。
小さな選択が明日を創っていく。私は、彼女がいない明日を選んだ。



一歩を踏み出せなかったけれど、後悔はしていない。
今はまだその時じゃないって、なんとなく肌で感じた。
縁があれば、また不思議なチカラが働いてくれる気がするんだ。

運命も偶然も、考えたってわからないから、天に身を任せて今日も身近な人をめいいっぱい大切にしよう。


いつかまた、笑い合えたらいいなぁ。



なんだかまだ眠れそうにないからYouTubeでも開こう。
おやすみ、また明日。

にほんブログ村 その他日記ブログ 青春・思春期へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 思い出・過去へ
にほんブログ村