青春時代の清算を。

誰かとの出会いは、いつも書きかけのままで続きを探してる

ハヤと出会い、世界が変わった。別れて15年経つけどまだ親友。

過去を思い出すにあたって、触れずには書けない人物がいる。

ハヤという2つ年上の男。

このブログの大テーマである青春時代の、大半を過ごした元カレであり、旦那と共通の友人でもある。そんな括りよりも兄妹と言ったほうがしっくりくるような関係。


はじまりは中学2年と高校1年。
当時出始めたメル友掲示板のようなもので、友人が見つけて紹介してくれた。
私はパソコンしかメールの環境がなかったので、メール受信を見逃さないようにとパソコンを開きっぱなしにしてワクワクしていた。

初デートは電車に乗って映画を見に行った。
リターナー、だったけ。邦楽のSFで、微妙にラブストーリーが盛られているものだった。もちろん、内容なんて全然入ってこない。

サイゼで食事をするのすら背伸びした行為だった。中学生と高校生だ、それでも頑張ったほうだと今は思う。

そのデートの後に、どちらからともなく付きあおうという事になり彼氏彼女になった。


大好きで、大好きで。世界は二人のものだった。何をするにもどこにいてもハヤのことしか頭になくて。月並みな言葉だけれど、本当にただ一緒にいるだけで幸せだった。
話し方も聴く音楽もそっくりで。なんでも一緒が良かったしなんでも一緒にしたかった。

別れる時もどちらからともなく自然に気持ちが離れていった。いつからか、当たり前にお互いを縛り合うような関係になってしまっていたんだ。男女共学で、ましてや私はバンドをやっていて。5年か6年か、付き合ったり別れたりを繰り返しながらハヤと私は彼氏彼女でいるのをやめたほうがいい関係でいられることに気がついた。


恋愛対象じゃなくなってからは、友達としてたくさん遊んだ。その間お互いいろんな人と恋をしたし、住んでいるところも変わったりしたけれど、時々更新される"最前線で遊ぶ友達リスト"から外れたことはない。


所謂元カレ・元カノという存在との関係は、新しい男女関係を築くとともに消滅するのが一般的な筋だろう。私もハヤも、いつかは絶たなければならない関係だと思っていたしそう話していたこともある。何度そう思っても、気がつけば隣で笑っているし、すぐに連絡がとれる環境が変わったことはない。

はじめから友達でもたぶんなにか違っていた。冷静に考えるととても奇妙な関係だけれど、ハヤとは切っても切れない腐れ縁なんだろうと思う。旦那がおもしろくないのかと思うとそうでもなく、元々旦那はハヤの親友で、出会いもそこからだった為なんの抵抗もないと言っている。第一子出産の時も二人で産院にお見舞いに来てくれた時は私が違和感を覚えた程だ。


私もハヤも、たくさん傷つけあってきた。

だけど、それ以上に
励まし合って笑い合って一緒に成長してきた。


きっと明日も、5年後も、20年後も変わらずに笑い合っているだろう。

そんな貴重な存在に出会えたことに感謝しつつ、
この奇妙な縁をこれからも大切にしていこうと思う。


<p><a href="//diary.blogmura.com/springtime/ranking.html" target="_blank"><img src="//diary.blogmura.com/springtime/img/springtime88_31.gif" alt="にほんブログ村 その他日記ブログ 青春・思春期へ" width="88" height="31" border="0" /></a><br /><a href="//diary.blogmura.com/springtime/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村</a> <br /><br /> <a href="//diary.blogmura.com/memories/ranking.html" target="_blank"><img src="//diary.blogmura.com/memories/img/memories88_31.gif" alt="にほんブログ村 その他日記ブログ 思い出・過去へ" width="88" height="31" border="0" /></a><br /><a href="//diary.blogmura.com/memories/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村</a></p>